通信教材口コミ

幼児ポピーの口コミ一覧

幼児ポピーの口コミや感想をSNSなどで要点をまとめメリット・デメリットを羅列しています。

通信教材の選び方は通信教材の種類と選び方について【7つの項目を基準に解説】していますので参考にどうぞ。

レビュー数 7
5
29%
4
29%
3
29%
2
14%
1
0%

余分な付録がなくて他社より安いので続けやすいとは思います。付録付きの他社でも契約していたことがありますが、そこと比べて大きく違うのはサービスの質でした。教材の取替えを他社は快く引き受けてくれましたが、ポピーは再度全部購入してくださいと言われました。サービスの良さも金額に比例しているのだと実感しました。続けていきたかったのでそこがとても残念です。

幼児ポピーももちゃんを利用する際に格安の教材であることを理解した上で利用する必要があり。内容は毎月テキストと小さな絵本が送られてきます。 テキストの内容は、主人公のももちゃんが朝起きてから、夜寝るまでの様子を学び1日の間に使う言葉を覚えることができます。 虫や動物の名前を覚えるカードがついているのもGoodです。欠点は少しテキストのボリューム不足かなと感じますが値段相応といったところ。

子供が飽きる事なく楽しめて、大人の読み物も充実のリーズナブルな教材です。幼児ポピーの「ポピっこ」を幼稚園の年長から始めました。ポピーに決めたのは、昔からある信頼感と、値段がそこそこリーズナブルだったからです。始めてみると、子供は「今日もやる!」と毎日言うくらい大好きになりました。ドリルと月々の季節に合わせたワークがありますが、どちらも紙質が固く丈夫なので、子供の手でめくらせても問題なし。

最初のももちゃんから開始し3年続けてます。今は「Z会」を併用中。それぞれにいいところがたくさんあって満足してます。子供はぽぴっこが一番好きなようです。ポピーを選んだ理由は古くからあってちゃんとしているところと、お値段と比べて内容が充実してそうだったから。あと余分な付録がないことと、商業主義過ぎないところです。キャラクターも地味かもしれないけど暖かい感じで子供は気に入っています。

こどもちゃれんじをやってましたが、おもちゃ目当てになってしまいワークをやらなかったのでやめました。幼稚園でポピーの案内が来たので、やってみようと思い入会。安いのに内容が濃く、おもちゃで誤魔化す事がない上に子どものやる気を上げてくれる内容でした。ワークは、小学1年生の前半位までの内容を年中〜年長でやるので、勉強が苦手な子には少し難しいかも。

兄弟がいますが年少用はちょっと先取りして2~3歳児用のももちゃんは、上の子が読んだものを活用しています。寝る前、一緒に並べておくと、朝は楽しみに起きてくる。盛りだくさんで毎号楽しい!

コスパ最強教材幼児ポピー(あかどり)はじめました。そろそろ英語以外の取り組みをしようと思ってたのでオールカラーでシールいっぱいの子供が喜びそうなポピーを選択。ドリるんではもじ・ことば・かずを学んでわぁくんでは遊びを通じて思考力を育てる内容になってます。毎月1100円なので市販のワーク1冊買うのとほとんど変わらない値段。可愛いイラストに季節を感じられるような内容ですのでおすすめ。